2つのロレックスを買取

GMTマスター

買取の際に価値を判断する材料に、その製品の歴史というものがあります。

例えば、ミルガウスは、1950年代にレントゲン技師や科学者等、磁気が強い現場で使用するために耐磁性を備えて登場しました。

しかし、価格が高い事と当時、磁力が強い現場で働いている人が少なく、耐磁性の製品が必要ないことから一般には支持されず、一度は忘れ去られていましたが、2007年にリニューアルし、復活に成功できました。
つまり、製品の歴史が古いほど価値が変動してきます。

ミルガウス、GMTマスター買取に熱視線
ロレックスのブランド時計ミルガウス、GMTマスターの買取に、今熱い視線が注がれています。

この機種を扱う業者のほとんどが無料査定に応じ、買取しない場合でも返送料を負担してくれますが、ところによっては価格差定表にさらに1万円をプラスするサービスを打ち出しているところもあります。同機種でも作られた年代により差がありますが、これは素人では、判断できない問題ですので、専門家の査定を受ける必要があります。業者のお店まで出向かなくても郵送でも受け付けてくれます。扱う業者を集めて査定させ、最も高いところを選ぶというサ一ビスをしているところもあります。

GMTマスターについて

GMTマスター 茶色

GMTマスターは、ロレックスで唯一の国際線パイロットの為に作られたと言われるパイロットウォッチです。

パイロットウォッチというのは、過酷な状況で正確な操作が求められるパイロットにとっての必需品であり、異なる場所の時刻を把握できる他に、通常の時計と比べ正確な時を計れる技術が詰まっています。
GMTマスターには、2つの時刻が計れるIと、3つの時刻が計れるIIの2つがあるので、用途に応じて選ぶ事が出来ます。

ミルガウス・GMTマスターの高額買取
ミルガウス・GMTマスターの買取価格は、売りに行った店舗によって違ってきます。高い値段で売るためには、店舗へもって行く前にネットで価格を調べて比較することをお勧めします。

ネットで検索して、売りたい金額を設定して店舗へ行って交渉すると、打ったあとで後悔することがなく、納得できる金額で売ることができます。

ネットの高額な買取価格を提示している店舗へ行って、値段交渉すると品物状況によってはより高く売ることも可能です。

ロレックスの腕時計

GMTマスター 逆

ロレックスの腕時計の中で、ミルガウスは紳士用になっていて時計の表示に日付機能が付いてないです。

また、GMTマスターはスポーツ用になっていて、時計の表示に日付機能が付いていて、周りにベゼルが付き、防水機能が強化されています。
どちらの腕時計も、自動巻きになっていて、ロレックスのタイプの中では同じ価格帯に属しています。
ロレックスの専門店に持って行くと、どちらも同じ位の価格で買取ってもらう事が可能になっています。

GMTマスターの歴史と今後
GMTマスターは、スイスの高級腕時計メーカーのロレックスの腕時計であり、1957年にパン・アメリカン航空のパイロットのために開発され、一般市場にも販売されました。その後、ベゼルのステンレス化、風防のクリスタル化などを経て、GMTマスターは1983に2世代モデルになります。

現在では、18Kイエローゴールドモデルやコンビモデルも市場投入されており、今後もさらに進化をとげていくことが期待されています。同社のミルガウスなどとともにとても人気があり、買取市場も高値で取引されています。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
December 2014
M T W T F S S
« Jun    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
オススメリンク